B型肝炎の給付金請求・訴訟の弁護士ならアディーレ法律事務所にご相談ください

0120-881-920 朝10時~夜10時まで土日祝休まず受付
B型肝炎の給付金を請求するなら弁護士法人 アディーレ法律事務所
無料相談はこちら 0120-881-920

B型肝炎に持続感染していたことを証明する書類を医療機関から入手して,給付金を獲得

Tさんの解決事例(50歳代・女性)

ご相談時の症状 無症候性キャリア
感染からの期間 20年以上

相談までのできごと

Tさんは,子どもを出産した際,検査でB型肝炎ウイルスへの感染がわかりました。症状は出ていませんが,血液検査やCT検査を受けることを医師にすすめられて経過観察をしており,費用について心配になったTさんは,給付金について弁護士の話を聞いてみたいと当事務所にご相談くださいました。

相談時,依頼後の弁護士の対応

Tさんからお話を伺うと,ご自身の母子手帳には予防接種を受けた旨の記載は1ヵ所しかなく,両親も亡くなっていて血液検査ができないため,給付金を請求できるのか心配されていました。弁護士は,医療機関から資料を収集して請求できる可能性があるとご案内しました。
提訴後,母子手帳に唯一あった,予防接種を受けた旨の記載に関して,注射器が使い回しされた集団予防接種についての記載なのかどうかが争点となりましたが,弁護士が当時予防接種を受けた保健所に問い合わせるなどして,この点についての主張立証を行っていきました。そして,Tさんが第一子を出産した医療機関から当時の検査結果や,出産時からB型肝炎に持続感染していたことを証明する書類を入手することができました。さらに,両親はすでに亡くなっているため,血液検査は提出できない旨の本人の陳述書の代替資料としてお姉さんの血液検査の結果を提出しました。

給付金を受け取って

給付金の合計額
520000

給付金の支払が認められ,無症候性キャリアでB型肝炎に感染してから20年以上が経過した方に支払われる給付金50万円を受け取ることができました。

まとめ

B型肝炎の給付金を請求する際に,ご家族の血液検査の結果を提出できなかったり,予防接種を受けた記録が残っていなかったりするケースもあります。弁護士にご依頼いただければ,医療機関や保健所に確認するなどのアドバイスを行いますし,弁護士が作成した報告書を国に提出して掛け合うことで,無事,和解することができる可能性があります。資料が収集できないと給付金の請求を諦めないでください。当事務所では,B型肝炎の給付金に関するご相談は何度でも無料です。まずはお電話ください。

B型肝炎の給付金に関するご相談は何度でも無料!

  • 弁護士費用は安心の成功報酬制!訴訟費用も負担いたします。
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。国内最多の76拠点。
  • 法律相談実績35万人のアディーレだからできる,安心サポート!
東京弁護士会所属 弁護士 園田由佳
TVCM放映中!

0120-881-920 朝10時~夜10時まで土日祝休まず受付