B型肝炎の給付金請求・訴訟の弁護士ならアディーレ法律事務所にご相談ください

0120-881-920 朝10時~夜10時まで土日祝休まず受付
B型肝炎の給付金を請求するなら弁護士法人 アディーレ法律事務所
無料相談はこちら 0120-881-920

B型肝炎給付金に関するQ&A

ジェノタイプ検査やHBV分子系統解析検査は必ず受けなければなりませんか?

両検査ともに,給付金の請求手続上,すべての方に必須の検査項目ではありません。

ジェノタイプ検査は,B型肝炎ウイルス(HBV)への感染時期を確認し,成人になってからの感染ではないことを証明するために必要な検査です。ジェノタイプAe型のHBVは,平成8年以降に日本での感染例が確認されており,また,成人以降に感染した場合でも,10%前後の方がキャリア化することが判明しています。

そのため,ジェノタイプAe型のHBVに持続感染している方は,給付金支給の対象外とされており,平成8年以降にHBVへの感染が判明した方については,ジェノタイプがAe型ではないことを証明するために検査結果を提出する必要があります。

HBV分子系統解析検査は,HBVの塩基配列を比較する検査で,下記の1,2の場合に必要となります。

  1. 一次感染者の場合
    父親がB型肝炎ウイルスの持続感染者である場合,父親からの感染でないことを証明するための資料として,ご準備が必要となります。
  2. 二次感染者の場合
    母子感染の場合,一次感染者である母親からの感染であることを証明するための資料として,ご準備が必要となる場合があります。

ジェノタイプ検査,HBV分子系統解析検査(特に後者)には,高額な検査費用が必要となります。検査が必要かどうかは,感染被害に遭われた方の具体的なご事情によっても異なりますので,詳細につきましては弁護士にご確認ください。

B型肝炎についてよくある質問

B型肝炎の給付金に関するご相談は何度でも無料!

  • 弁護士費用は安心の成功報酬制!訴訟費用も負担いたします。
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。国内最多の76拠点。
  • 法律相談実績35万人のアディーレだからできる,安心サポート!
東京弁護士会所属 弁護士 園田由佳
TVCM放映中!

0120-881-920 朝10時~夜10時まで土日祝休まず受付