B型肝炎の給付金請求・訴訟の弁護士ならアディーレ法律事務所にご相談ください

0120-881-920 朝10時~夜10時まで土日祝休まず受付
B型肝炎の給付金を請求するなら弁護士法人 アディーレ法律事務所
無料相談はこちら 0120-881-920

B型肝炎給付金に関するQ&A

B型肝炎ウイルスに持続感染しています。現在症状はありませんが,必ず肝炎などを発症するのでしょうか?

B型肝炎は,急性B型肝炎と慢性B型肝炎の2つに大別されますが,感染時期やそのときの健康状態などにより,どちらの病態を示すかは異なります。

急性B型肝炎は,免疫機構が発達した成人がB型肝炎ウイルス(HBV)に初めて感染した場合に起こります。急性増悪して劇症型に発展しない限り,一過性の感染にとどまり,ほとんどの方が完治します。

これに対して,免疫力が未発達な出生時・乳幼児期にHBVに感染した場合は,ウイルスが体内に存在し続ける,いわゆる持続感染の状態となります。多くの方はHBVキャリアであるものの肝炎を発症しない無症候性キャリアとして過ごしますが,10~20%の方は,6ヵ月以上の肝炎が続く慢性B型肝炎を発症します。そして,慢性B型肝炎が長期化すると,肝硬変肝ガンへと進行する危険性があります。

また,無症候性キャリアの場合であっても,慢性肝炎や肝硬変を経ずに肝ガンを発症することもありますので,定期的に検査を受けることが必要です。

B型肝炎についてよくある質問

B型肝炎の給付金に関するご相談は何度でも無料!

  • 弁護士費用は安心の成功報酬制!訴訟費用も負担いたします。
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。国内最多の76拠点。
  • 法律相談実績35万人のアディーレだからできる,安心サポート!
東京弁護士会所属 弁護士 園田由佳
TVCM放映中!

0120-881-920 朝10時~夜10時まで土日祝休まず受付