B型肝炎の給付金請求・訴訟の弁護士ならアディーレ法律事務所にご相談ください

0120-881-920 朝10時~夜10時まで土日祝休まず受付
B型肝炎の給付金を請求するなら弁護士法人 アディーレ法律事務所
無料相談はこちら 0120-881-920

B型肝炎給付金に関するQ&A

B型肝炎の給付金請求訴訟には,実費(印紙代や郵便切手代)が必要だとよく聞くのですが…。

裁判所を利用するためには,あらかじめ手数料として,収入印紙や郵便切手を収める必要があります(これを訴訟実費または実費などといいます)。B型肝炎の給付金も,裁判上で請求していく必要がありますので,手続にあたっては次のような費用が必要となります。

  1. 収入印紙代
    B型肝炎に起因する死亡・肝ガン・肝硬変(重度)の方 12万8000円
    肝硬変(軽度) 9万5000円
    慢性B型肝炎(発症後20年を経過していない方) 5万9000円
    慢性B型肝炎(発症後20年を経過し,現在治療中もしくは過去治療を受けていた方) 2万円
    慢性B型肝炎(発症後20年を経過し,上記以外の方) 1万3000円
    無症候性キャリア(集団予防接種の日から20年経過していない方) 3万4000円
    無症候性キャリア(集団予防接種の日から20年経過している方) 5000円

    ※上記印紙代は,請求する給付金額に対応した金額です。実際に裁判所を利用する際は,給付金に加えて給付金額の4%相当額の弁護士費用なども請求します。そのため,最終的な印紙代は,上記金額に1000円~6000円ほど加えた金額となります。

  2. 郵便切手代  一律6000円(原告1名の場合)

これらの実費については,依頼者の方にご負担をお願いする事務所が多いようです。 もちろん,手続に必要な費用ではあるのですが,最高で14万円程度にもなるうえ,裁判の結果,必ず給付金が受け取ることができるとは限りません。これでは,給付金の請求手続を躊躇してしまう方もいらっしゃるでしょう。

そこで,私たちは,1日でも早くひとりでも多くのB型肝炎ウイルスの感染被害者方が救済を受けていただけるよう,訴訟実費(収入印紙代や郵便切手代)までも負担する,成功報酬制を採用しております。B型肝炎の給付金請求については,どうぞ安心して,アディーレにお任せください。

給付金の請求についてよくある質問

B型肝炎の給付金に関するご相談は何度でも無料!

  • 弁護士費用は安心の成功報酬制!訴訟費用も負担いたします。
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。国内最多の76拠点。
  • 法律相談実績35万人のアディーレだからできる,安心サポート!
東京弁護士会所属 弁護士 園田由佳
TVCM放映中!

0120-881-920 朝10時~夜10時まで土日祝休まず受付