B型肝炎の給付金請求・訴訟の弁護士ならアディーレ法律事務所にご相談ください

0120-881-920 朝10時~夜10時まで土日祝休まず受付
B型肝炎の給付金を請求するなら弁護士法人 アディーレ法律事務所
無料相談はこちら 0120-881-920 メールでのお問い合わせ

検査費用の支払いが全額認められない!弁護士が報告書を提出し、全額の支払いが無事認められる

Eさんの解決事例(50歳代・男性)

ご相談時の症状 無症候性キャリア
感染からの期間 20年以上

相談までのできごと

Eさんは、職場の健康診断を受けた際、B型肝炎ウイルスに感染していることが発覚しました。ご兄弟がすでにB型肝炎訴訟で和解し、給付金を受け取っていたことから、ご自身も給付金請求を検討したいと考え、当事務所へご相談くださいました。

相談時,依頼後の弁護士の対応

弁護士が詳しくお話を伺うと、Eさんは、これまで肝機能異常が出たことはなく、B型肝炎に関して健康診断以外の通院を一切したことがないとのことでした。弁護士は、症状が出ていない方でも、きちんと資料を揃えられれば、無症候性キャリアとして対象になる可能性があることをお伝えしました。ご依頼後、資料を揃え、国に給付金請求を行ったところ、当初、国から提示された和解案では、保険適用外で受けたジェノタイプ検査の費用が、保険適用内と見なされた金額となっていました。国は、検査日と領収書上の支払日が違うため、保険適用外と認められないと主張してきましたが、弁護士がジェノタイプ検査を保険適用外で受けたことを、実施医療機関から聞き取りをし、報告書を国に提出したところ、最終的に、保険適用外の金額が認められました。

給付金を受け取って

給付金の合計額
528,500

給付金の支払いが認められ、無症候性キャリアの方に支払われる50万円に、保険適用外でのジェノタイプ検査費用と弁護士費用を加えた52万8,500円の給付を受け取ることができました。

まとめ

必要な資料を揃えて給付金請求を行っても、今回のように支払われるべき費用が認められなかった場合は、追加で資料を提出する必要があります。弁護士ならば、依頼者の方々のご事情に合わせ、必要な追加資料の収集をサポートすることができます。さらに、例え資料だけでは証明できないことでも、調査をし、補足する報告書を提出することもできます。B型肝炎の給付金請求に関するご相談は何度でも無料です。たとえ症状が出ていなくても、B型肝炎ウイルスに感染していると診断されたのなら、無症候性キャリアとして給付金が支給される可能性があります。まずは当事務所までご相談ください。

B型肝炎の給付金に関するご相談は何度でも無料!

  • 弁護士費用は安心の成功報酬制!訴訟費用も負担いたします。
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。国内最多の83拠点。
  • 法律相談実績45万人のアディーレだからできる,安心サポート!
東京弁護士会所属 弁護士 豊岡美穂
TVCM放映中!

0120-881-920 朝10時~夜10時まで土日祝休まず受付

今すぐ電話で相談予約