B型肝炎の給付金請求・訴訟の弁護士ならアディーレ法律事務所にご相談ください

0120-881-920 朝10時~夜10時まで土日祝休まず受付
B型肝炎の給付金を請求するなら弁護士法人 アディーレ法律事務所
無料相談はこちら 0120-881-920 メールでのお問い合わせ

死後20年が経過すると、ご遺族への給付金は減額に。弁護士が早急に対応し満額の3,600万円を獲得!

Wさんの解決事例(40歳代・男性)

ご相談時の症状 死亡(B型肝炎ウイルスに起因)
感染からの期間 20年未満

相談までのできごと

Wさんは肝硬変で40代の若さで亡くなりました。しばらくして、ご遺族は亡くなったWさんのB型肝炎の給付金請求について弁護士の話を聞きたいと、当事務所にご相談をくださいました。

相談時、依頼後の弁護士の対応

弁護士がご遺族からお話を伺うと、あと約3ヵ月でWさんの他界から20年が経つとのことでした。B型肝炎の給付金は死亡から20年を経過すると、満額受け取れなくなるため、急ぎ死亡診断書を取得いただくことになりました。弁護士が死亡診断書を確認したところ、Wさんの肝硬変はB型肝炎ウイルスの感染に起因するものだったと判明し、資料収集を急ぎ、早急に提訴する必要があることをご遺族に伝えました。ご依頼後、Wさんが集団予防接種を受けたと証明する母子手帳や、接種痕を確認できる鮮明な写真は残念ながら見つかりませんでした。そこで弁護士が、接種痕に関する具体的事情を陳述書にまとめて提出し、給付金請求を行いました。

給付金を受け取って

給付金の合計額
3,744万円

もしWさんの死亡から20年が経過していたら和解金額は900万円でしたが、経過する前に請求することが出来たため、請求した通りの和解案が国から提示され、3,600万円に、弁護士費用と検査費用を加えた3,744万円の給付をご遺族が受け取ることができました。

まとめ

ご家族がB型肝炎ウイルスへの感染によって亡くなった場合、ご遺族が相続人として国から給付金を受けとれる可能性があります。しかし、ご家族が亡くなってから20年が経過してしまうと、満額で3,600万円を受け取れる給付金が、減額になってしまいますので、お早めに当事務所までご相談ください。もちろん、期限が差し迫っていても、今回のように弁護士が的確なサポートを行い、早期に国と和解できる道筋を模索していきます。B型肝炎の給付金に関するご相談は何度でも無料ですので、まずは当事務所までご連絡ください。

B型肝炎の給付金に関するご相談は何度でも無料!

  • 弁護士費用は安心の成功報酬制!訴訟費用も負担いたします。
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。国内最多の65拠点以上。

0120-881-920 朝10時~夜10時まで土日祝休まず受付

今すぐ電話で相談予約