つながる、たよれる、人がいる。B型肝炎給付金は弁護士に相談を ご家族でも相談できます 資料集めも専属チームが秘密厳守で対応 相談料¥0 着手金¥0 安心の全国対応 電話受付土日祝対応

※2024年7月時点。

\教えて!アディーレさん/まずは無料診断!給付金受給の可能性をチェックしてみましょう!

  • B型肝炎ウイルスに感染していると言われたことはありますか?

  • 生年月日は昭和16年7月2日から昭和63年1月27日までの間ですか?

  • B型肝炎の病態は下記のどれですか?
  • 必須

    翌日の9時以降に、診断結果の詳しい内容についてアディーレ法律事務所の担当者よりお電話にて伝えさせていただきますので、

  • 任意

個人情報の取扱いについて

当事務所は個人情報の保護に取り組んでおります。個人情報保護方針をご確認ください。
内容をご確認のうえ、よろしければ下記ボタンをクリックしてください。

アディーレは、個人情報保護のための体制整備等に取り組んでおります。

アディーレ法律事務所の弁護士に依頼するメリット

弁護士費用について

B型肝炎の給付金請求・訴訟なら

相談料
無料何度でも0円!
着手金
無料0円!

安心してご相談、ご依頼いただける
「身近な」法律事務所として、
アディーレは
「お客さまの利益を超える負担ゼロ」
を宣言します!

経済的利益が得られない場合、
弁護士費用を請求することは
いたしません。

※委任事務を終了するまでは契約解除できます。この場合には、例外として成果がない場合にも解除までの費用として事案の進行状況に応じた弁護士費用をお支払いいただく場合があります。

給付金受取りまでの流れ

STEP3~5すべて弁護士が対応いたします。まずはお気軽にご相談ください。

  • STEP1

    無料相談

    初めてご相談いただく方も
    ご準備は不要です。

    お気軽にご相談ください。

  • STEP2

    ご契約

    ご相談から給付金受け取りまで、来所不要です。

  • STEP3

    資料収集

    給付金請求に必要な書類を収集
    していきます。
    依頼者の方にも
    医療機関や行政機関などへの
    お問い合わせにご協力いただく
    ことがありますが、
    分かりやすく説明しますのでご安心ください。

  • STEP4

    訴訟の提起

    裁判所とのやり取りはすべて
    弁護士が対応
    するため、依頼
    者の方が裁判所に出向く
    必要
    はございません。

  • STEP5

    和解の成立

  • STEP6

    給付金の受取り

よくあるご質問

  • B型肝炎給付金に関する相談や手続のために、そちらの弁護士事務所まで行かなければなりませんか?

    必ずしもご来所いただく必要はございません。弁護士への無料相談はお電話でも承っており、通話料無料のフリーコール
    (0120-881-920 ハヤイ キュウフヲ)
    をご利用いただけます。
    また、請求手続に必要な資料のやり取りや、事情や経緯を伺うことは、郵送やお電話でも十分に可能です。依頼者の方のご希望やご事情に合わせて対応いたしますので、どうぞご安心ください。

  • 弁護士に相談する場合、準備しておく資料などはありますか?

    当事務所では、依頼者の方に代わって必要な証拠資料を収集いたします。ご相談時に資料をお持ちでなくても構いませんので、ご安心ください。

    ご相談時、弁護士は、相談者の方がB型肝炎給付金の支給対象となるかを判断いたします。相談者の方のご申告内容や資料に基づき、状況を整理したうえで判断しますが、血液検査の結果や診断書(カルテ)などの医療記録があれば、より詳細なアドバイスを差し上げることが可能です。

    給付金の請求について、ご不明点やご不安なことなどがございましたら、まずはお電話にてお問い合わせください。

    ※ご依頼後、まずは当事務所からの案内をもとに、依頼者の方やご家族様の血液検査結果をご提出いただきます。

    ※母子手帳など弁護士では収集できない資料については、依頼者の方に収集をお願いすることがあります。

  • 給付金が実際に支給されるのはいつごろになりますか?

    B型肝炎給付金を請求する流れと、
    アディーレに依頼されるお客さまが要するおおよその期間は以下のとおりです。

    • 1.受任 2.資料収集 3.提訴 4.和解 5.支払基金への請求 6.支払基金からの入金
    • (4~6ヵ月程度)

      (1年半~2年程度)

      (1ヵ月)

      (1ヵ月)

    ただし、訴訟から和解までにかかる時間は、収集した資料の量や内容によっても異なります。
    少しでも早いタイミングで給付金を受け取るためには、弁護士からのアドバイスをもとに、必要書類をどれだけスピーディーに集められるかが重要です。
    必要書類が早く集まれば、その分だけ提訴のタイミングも早くなりますし、資料の不足がなければ短期間で裁判手続が終わることもあります。

    アディーレでは、依頼者の方が過不足なく資料を収集できるよう万全のサポート体制を取っておりますので、資料の収集にご協力をお願いいたします。
    過不足なく資料を集めることで、スピーディーな和解を期待でき、給付金を受け取れる可能性も高まりますので、まずはお気軽にご相談ください!

  • B型肝炎感染者本人でなくても申請はできますか?

    原則としてB型肝炎に感染されたご本人に申請いただきます。
    ただし、そのご本人が亡くなられた場合には、ご遺族の方が、ご本人に代わり相続人として給付金請求の申請をすることができます。

TOPに戻る