B型肝炎の給付金請求・訴訟の弁護士ならアディーレ法律事務所にご相談ください

0120-881-920 朝10時~夜10時まで土日祝休まず受付
B型肝炎の給付金を請求するなら弁護士法人 アディーレ法律事務所

早期の給付+手間の軽減 あなたのB型肝炎給付金訴訟を弁護士がサポートします!

以下の条件のいずれかに該当すれば,
国から50万円~3600万円の
給付金が受け取れます。(症例による)

check

昭和16年生まれ~昭和63年生まれの方

満7歳までに集団予防接種等を受けた方

B型肝炎ウィルスに感染された方

上記のいずれかのご遺族の方

ご本人ばかりでなく,母親の感染によって母子感染された方や,B型肝炎ウイルスへの感染が原因で亡くなられた方のご遺族も,相続人として国から給付金を受けられる可能性があります。
ご自身の判断であきらめてしまう前に,まずはご相談ください。

B型肝炎ウイルス感染における給付金額の一覧

病状に応じて,あらかじめ定められた金額の給付金が国から支給されます。そのほか,定期検査費用などの支給や弁護士費用の補助もあります。当事務所では,B型肝炎の給付金請求に関する弁護士へのご相談は何度でも無料です。ご不明な点は,ご遠慮なくお問い合わせください。

死亡・肝ガン・肝硬変(重度)
  • 発症後20年を経過していない方
    給付額 3600万円
  • 発症後20年を経過している方
    給付額 900万円
軽度の肝硬変(発症後)
  • 20年を経過していない方

    給付額 2500万円
  • 20年を経過し,治療を受けたことのある方
    給付額 600万円
  • 20年を経過し,治療歴がない方など
    給付額 300万円
慢性肝炎(発症後)
  • 20年を経過していない方

    給付額 1250万円
  • 20年を経過し,現在治療中の方など
    給付額 300万円
  • 20年を経過し,治療歴のない方など
    給付額 150万円
無症候性キャリア(感染後)
  • 20年を経過していない方

    給付額 600万円
  • 20年を経過した方
    給付額 50万円+検査費用など

請求には期限があります!

平成 3412日まで

B型肝炎訴訟について

B型肝炎訴訟とは

昭和23年に予防接種法が施行され,国は国民・住民に対して集団予防接種を受けるよう強制してきました。しかし,その管理体制には深刻な問題があり,注射器の使いまわしなどが原因で,非常に多くの方がB型肝炎ウイルスへ感染してしまいました。その後,B型肝炎の感染被害者の方が国に責任を追及する訴訟を起こし,国の損害賠償責任を認める最高裁判所判決を勝ち取ったことをきっかけに,全国でB型肝炎に関する訴訟が提起されるようになりました。そして,平成23年6月には,国と原告・弁護団の間で認定要件や金額などを取り決めている基本合意が成立し,「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」が制定されました。

B型肝炎訴訟とは
実際に給付金を受給した方は
ごくわずか

基本合意および特措法により,B型肝炎の被害者の方々は,症状に応じた給付金を受けられるようになりました。しかし,実際に給付金を受給した方はごくわずかです。被害者の方の中には,ご自身が給付金を受け取ることのできる対象であることをご存じない方も大勢いらっしゃるのが現状です。

実際に給付金を受給した方はごくわずか
弁護士に依頼して,
精神的な負担を軽減

B型肝炎の給付金請求を行うためには,国に対して訴訟を提起し,和解を成立させるなどの手続が必要です。判決を争うのではなく,国との間で「基本合意書」で取り決めた救済対象者に合致しているかどうか確認して和解を進めていくという形式であるため,一般的な訴訟に比べると負担は軽減されます。しかし,裁判がはじめての方には慣れない手続も多く,ご自身で訴訟を起こすことは非常に困難ですので、弁護士がご相談を伺い、給付金請求をサポートしています。

弁護士に依頼して,精神的な負担を軽減

給付金を受け取るまでの流れ

資料収集

資料収集

給付金の請求に必要な書類を収集していきます。依頼者の方にご協力をお願いする際は,わかりやすくご説明いたします。

訴訟の提起

訴訟提起

書類をチェックした後,給付金を請求する訴状を弁護士が作成して,裁判所に提出します。

和解の成立

和解

和解が成立するまでは,最短で6ヵ月程度かかります。和解の成立,症状・病状に応じて給付金額が決まります。

給付金の受け取り

給付金

和解調書などを社会保険診療報酬支払基金に提出した後に,給付金などを受け取ることができます。

よくあるご質問

病状に応じて,あらかじめ定められた金額の給付金が国から支給されます。そのほか,定期検査費用などの支給や弁護士費用の補助もあります。当事務所では,B型肝炎の給付金請求に関する弁護士へのご相談は何度でも無料です。ご不明な点は,ご遠慮なくお問い合わせください。

弁護士に相談する場合,準備しておく資料などはありますか?

まず,弁護士との相談では,相談者の方がB型肝炎給付金の支給対象となるかを判断していくことになります。そのためには,いただいたご申告や資料に基づいて,弁護士が相談者の方の状況を整理する必要がございますが・・・

続きを読む

B型肝炎ウイルスに感染しているのですが,現在,肝炎の症状は出ていません。このような場合でも,給付金を受け取ることができますか?

B型肝炎ウイルスに持続感染されている方で症状が出ていない,いわゆる「無症候性キャリア」の方も,給付金の受給対象になります。ただし,給付金の支給金額は感染からの期間の長さに応じて変わりますので注意が必要です・・・

続きを読む

母子手帳もなく,接種痕も見当たりません。給付金請求はあきらめるべきでしょうか?

B型肝炎の給付金請求にあたり,集団予防接種などを受けていることを証明するためには,下記の1~3のいずれかの資料を提出することが必要とされています・・・

続きを読む

ご相談対応エリアは日本全国!
均一のリーガル・サービスを皆さまに

アディーレ法律事務所は,国内の弁護士法人としては最多の76拠点を構え,所属弁護士は150名以上(2016年8月現在)。ご相談は安心の全国対応。全国どこにお住まいでも,同じリーガル・サービスを受けることができますので,どうぞご安心ください。

B型肝炎の給付金に関するご相談は何度でも無料!

  • 弁護士費用は安心の成功報酬制!訴訟費用も負担いたします。
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。国内最多の76拠点。
  • 法律相談実績35万人のアディーレだからできる,安心サポート!
東京弁護士会所属 弁護士 園田由佳
TVCM放映中!

0120-881-920 朝10時~夜10時まで土日祝休まず受付