B型肝炎の給付金請求・訴訟の弁護士ならアディーレ法律事務所にご相談ください

0120-881-920 朝10時~夜10時まで土日祝休まず受付
B型肝炎の給付金を請求するなら弁護士法人 アディーレ法律事務所
無料相談はこちら 0120-881-920

B型肝炎に関する用語集 な行

な行の用語

頭文字で探す

二次感染 
[にじかんせん]

一般的には,ウイルスなどが感染者から別の人に感染することをいいます。今回のB型肝炎の給付金制度では,一次感染者である母親からの母子感染によってB型肝炎のウイルスに持続感染したことを二次感染と呼び,二次感染者にも給付金が支給されることになっています。そして,二次感染者であることを証明するためには下記の3つの要件が必要です。

(1)原告の母親が一次感染者の要件をすべて満たすこと
母子感染によりB型肝炎ウイルスに感染した原告の方が救済対象となるためには原告の母親が集団予防接種などにより感染した一次感染者であると認められることが必要です。
(2)原告がB型肝炎ウイルスに持続感染していること
救済対象者として認められるためには,原告の母親のみならず,原告本人がB型肝炎ウイルスに持続感染していることが必要です。
(3)母子感染であること
一次感染者である母親からの感染であることが,医学的知見を踏まえて認定されることが必要となります。

3つの要件を満たすためには,少なくはない量の資料を調査・収集し,証拠資料として提出しなければなりません。専門的な内容も多く,どの資料をどこへ問い合わせれば集められるのか,入手が不可能な書類についてはどうすればよいのかなど,ご不明な点もあるかと思います。当事務所ではB型肝炎の給付金請求に関する弁護士へのご相談は何度でも無料です。どうぞお気軽にご相談ください。

B型肝炎の給付金に関するご相談は何度でも無料!

  • 弁護士費用は安心の成功報酬制!訴訟費用も負担いたします。
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。国内最多の76拠点。
  • 法律相談実績35万人のアディーレだからできる,安心サポート!
東京弁護士会所属 弁護士 園田由佳
TVCM放映中!

0120-881-920 朝10時~夜10時まで土日祝休まず受付