B型肝炎訴訟の体験談を読んで最初の一歩を踏み出せた。訴訟していなければ今の生活はありません

北海道 女性

肝硬変

症状:肝硬変(軽度)   
給付金額:2500万円

沖縄県 女性

アイコン

最初は症状が出ておらず、「B型肝炎ウイルスに感染している」実感がなかった

職場の検診で肝機能の数値が上がっていることがわかり、精密検査を受けたことがきっかけで、B型肝炎ウイルスへの感染がわかりました。当初は症状が出ていなかったので、「B型肝炎ウイルスに感染している」と言われても実感が湧かず…あまりショックではありませんでした。

ですが、薬を飲み始めてしばらくして受けた検査で、ひ臓の肥大や血小板の減少がわかり、「初期の肝硬変」と診断されたんです。自分で肝機能の悪さを感じることはなかったので、驚きました。
それからは定期的な検査や薬での治療に加えて、日々の食生活にも気を遣わなければならなくなり、B型肝炎の怖さや、病気と向き合わなければならないことを実感しました。

アイコン

インターネットで見つけた、B型肝炎訴訟を経験した方々の声が訴訟へ踏み切る後押しに

B型肝炎の訴訟について知ったのは、テレビのCMでした。最初は他人事のように思っていましたが、気になって自分で調べていくうちに、「思い切って電話してみようかな?」と考えるようになりました。
ですが、本当に和解できるのかわかりませんし、自分が対象である確信もなくて、実際に電話をするまでに1年くらい悩みました。

そんなとき、インターネットで実際に訴訟手続をした方々の体験談を見つけたんです。体験談を読んでみると、たくさんの方がきちんと和解していることがわかり、「私も手続してみよう」と決意することができました。「和解できるかわからないから…」と手続するか悩んでいた私にとって、和解された方々の体験談は、本当に大きな後押しだったのだと思います。

アイコン

亡くなった母が助けてくれたのかもしれない

訴訟すると決めてからは、いろいろな法律事務所を調べましたが、テレビで名前を知っていたアディーレへ相談することに。電話をする前は、初めてのことなので「ちょっと怖いな」と思っていました。「本当に法律事務所に電話してもいいのだろうか」と不安だったのかもしれません。
ですが、実際に電話をしてみたら、思っていたより話しやすくて、安心しました。緊張していたので話のスピードについていくのは少し大変でしたが、事前に自分で訴訟手続について調べていたこともあり、理解できたのでよかったです。

訴訟に必要な資料収集をするにあたり、母が20年ほど前に亡くなっていたので、母子感染ではないことを示す資料を集められるか不安でした。
ですが、母は珍しい病気だったため、「もしかしたら当時のカルテがあるかもしれない」と思って病院に問い合わせてみたら、実際にカルテがあったんです。驚くと同時に、「もしかしたら、母が助けてくれたのかもしれない」と思いました。母は病気で長い間とても苦しい思いをしていたので、なんだかそれも報われたような気がしましたね。

アイコン

最後までやり遂げられたのは、同じ経験をした方々の声や息子の応援のおかげ

私の場合、資料収集に少し時間がかかったものの、仕事の平日休みを利用して病院へ行けたこともあり、そこまで大変だとは感じなかったです。
ですが、資料収集が終わって、手続がすべて終わるのを待っている時間は、私にとって大変つらいものでした。自分でできることはもうありませんから、ただ待つしかできないということがつらかったのだと思います。

ですが、訴訟手続をした方の体験談にあった「待つのが大変だった」という言葉を思い出し、「私だけじゃない」と、辛抱強く待ちました。
また、訴訟のことを伝えていた息子の応援にも励まされ、最後まで手続を終えることができました。

アイコン

給付金を受け取ったことで、心と体にゆとりが生まれた

無事に和解できたときは、本当に嬉しかったです。応援してくれていた息子も、とても喜んでくれました。
私は重い症状で苦しんでいたわけではありませんが、今後症状が悪化しても、給付金を受け取れたことでいい治療ができると思うと心から安心できます。万が一、病態が進行してしまったときも、申請をすれば追加給付金を受け取れるので、とてもありがたいです。

今は、仕事を以前の半分ほどにし、体調に気を遣った生活をしています。時間ができたので、愛犬と一緒にのんびりしたり、花や野菜を育てたりもしています。一歩踏み出したことで、心と体にゆとりを持った生活ができるようになりました。
和解するまでは、手続を待つ時間がつらく感じることもありましたが、今となっては、最後まで諦めずに手続できて、本当に良かったです。途中で辞めていたら、今の生活はありませんから。

「今後の人生にとって大きな支えになる」やっぱり訴訟をしてよかった
愛犬が外で遊べるように、自分でフェンスを建てました。
「今後の人生にとって大きな支えになる」やっぱり訴訟をしてよかった
愛犬が外で遊べるように、自分でフェンスを建てました。

私は、訴訟を体験された方々の声をきっかけに、B型肝炎訴訟に踏み出すことができました。私も、悩んだり、迷ったりしましたが、きちんと和解して給付金を受け取っています。ですから、私のように訴訟手続をするか迷っている方がいれば、怖がらずに一歩踏み出してほしいと思います。

B型肝炎給付金の訴訟を悩んでいる方へ
当事務所での訴訟をした方からのメッセージ

  • 慢性肝炎 40代 男性

    慢性肝炎 40代 男性

    満足度:

    自分は対象ではないだろうと思い、相談するまで1、2年悩みました。ですが、相談した結果、予想以上の給付金を受け取れて、家族のためにもなりました。

  • 慢性肝炎 50代 女性

    慢性肝炎 50代 女性

    満足度:

    何もわからない状態で「もしかして対象になるかも?」と、電話してみました。「もしかして?」に丁寧に対応してくださいます。まずは、お電話してみては?

  • 無症候性キャリア 60代 男性

    無症候性キャリア 60代 男性

    満足度:

    B型肝炎の事を聞いてみようと思い、アディーレさんへ電話した結果、給付が受けられました。悩みを聞いてもらうつもりで、電話してみてはどうでしょう。

コメント

弁護士のコメント

訴訟のみならず、法律事務所への電話や、弁護士への依頼自体をためらう方は多くいらっしゃいます。多くの方にとって初めてのことですから、不安でなかなか最初の一歩が踏み出せませんよね。ですが、「訴訟を起こす」と考えるのではなく、弁護士と一緒に「手続する」と考えてみていただければ、少しは気持ちが楽になるのではないでしょうか。

今回の依頼者の方のように、最初は症状が出ていなくても、自覚症状がないまま、病態が進行してしまうこともあります。そんなとき、給付金を受け取ることで、費用の心配をせずに適切な治療を受けることができるようになります。必要に応じて、適切な治療を受けていただくためにも、ためらわずに給付金を請求していただきたいと思います。

「給付金の対象者ではないかもしれないのに、電話していいんだろうか?」と思っていませんか?そんな方も、電話していただいて大丈夫です。ご不安を取り除けるよう丁寧にご対応いたしますので、安心してご相談いただければと思います。アディーレでは、B型肝炎給付金の訴訟に関する相談は、何度でも無料ですから、少しでも気になることがあれば、お一人で悩まずぜひ一度お問合せください。

アディーレ法律事務所 B型肝炎訴訟チーム
監修 大西 亜希子 弁護士
大西亜希子 弁護士

自分が給付金対象者かわからなくても大丈夫です。

ご相談は何度でも無料。

▼ お気軽にお問い合わせください! ▼

その他のB型肝炎訴訟の体験談

よく見られているページ
納付金対象者かどうかチェックはこちらから納付金対象者かどうかチェックはこちらから

通話無料 0120-881-920 受付時間 9:00~22:00 365日受付中

フリーコール 通話無料 お電話で問い合わせる 受付時間9:00~22:00 365日受付中