B型肝炎の給付金請求・訴訟の弁護士ならアディーレ法律事務所にご相談ください

0120-881-920 朝10時~夜10時まで土日祝休まず受付
B型肝炎の給付金を請求するなら弁護士法人 アディーレ法律事務所
無料相談はこちら 0120-881-920 メールでのお問い合わせ

B型肝炎給付金の受給対象者

かんたん図解

B型肝炎の給付金を受け取る資格がある人は…?

今回のB型肝炎の給付金について受給対象となるのは,(1)B型肝炎ウイルスに持続感染されている方のうち,集団予防接種などにおける注射器の連続使用により感染した方(一次感染者),(2)一次感染者であるお母さまから母子感染した方,または,一次感染者であるお父さまから父子感染した方(二次感染者),(3)一次感染者であるおばあさまからの母子感染により二次感染者となったお母さまより母子感染した方,または一次感染者であるおばあさまからの母子感染により二次感染者となったお父さまより父子感染した方(三次感染者),(4)これらの相続人の方,です。

B型肝炎給付金の受給対象となる方

給付金の支給を受けるための要件

B型肝炎の給付金の支給を受けるためには,次の要件を満たさなければなりません。そして,各要件を満たすためには,証拠となる資料を集める必要があります。必要書類の入手方法や,入手が不可能な場合の代替策などは,弁護士がわかりやすくご説明いたしますので,ご安心ください。

一次感染者の方

  1. 昭和16年7月2日から昭和63年1月27日までに生まれている。
  2. B型肝炎ウイルスに持続感染している。
  3. 満7歳の誕生日の前日までの間に集団予防接種またはツベルクリン反応検査を受けている。
  4. 集団予防接種など以外の感染原因がない。

二次感染者の方(母子感染者の方)

  1. 本人の母親が一次感染者の要件をすべて満たしている。
  2. 本人がB型肝炎ウイルスに持続感染している。
  3. 感染原因が母子感染である。

二次感染者の方(父子感染者の方)

  1. 本人の父親が一次感染者の要件をすべて満たしている。
  2. 本人がB型肝炎ウイルスに持続感染している。
  3. 感染原因が父子感染である。

三次感染者の方

  1. 本人の母親または父親が二次感染者(母子感染者)の要件をすべて満たしている。
  2. 本人がB型肝炎ウイルスに持続感染している。
  3. 二次感染者から三次感染者への感染原因が母子感染または父子感染である。

下記のようなご不安はありませんか?

国から最大で3600万円の給付金を受け取ることができる可能性があります。B型肝炎給付金に関する弁護士へのご相談は何度でも無料です。ご自身で判断したり諦めたりせずに,まずはお気軽にご相談ください。

  • 献血をしたらB型肝炎であることがわかった。
  • B型肝炎であるが,特に自覚症状がない。
  • B型肝炎であるが,予防接種を受けたか定かでない。
  • B型肝炎であるが,母子手帳がみあたらない。
  • ご家族がB型肝炎である。
  • B型肝炎で亡くなったご家族がいる。

B型肝炎の給付金に関するご相談は何度でも無料!

  • 弁護士費用は安心の成功報酬制!訴訟費用も負担いたします。
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。国内最多の83拠点。
  • 法律相談実績45万人のアディーレだからできる,安心サポート!
東京弁護士会所属 弁護士 豊岡美穂
TVCM放映中!

0120-881-920 朝10時~夜10時まで土日祝休まず受付

今すぐ電話で相談予約