必要な資料が入手できない。弁護士が調査報告書を提出し、請求金の満額である3,600万円を獲得!

Kさんの解決事例(50代・男性)

ご相談時の症状 肝がん
発症からの期間 20年未満
給付金額 3,600万円

相談までのできごと

Kさんは、8年ほど前に会社の健康診断で、B型肝炎ウイルスに感染していることが判明しました。その後、定期的な検査は受けていませんでしたが、肝がんを発症し、手術を受けました。そのことからKさんは、自身も給付金を請求できるかもしれないと考え、当事務所にご相談くださいました。

弁護士の対応

詳しくお話を伺うと、Kさんの母親や年長のごきょうだいはすでに他界しており、弁護士は、母子感染ではないことを証明する資料を用意できるかが、給付金を請求する際のポイントになると判断しました。そのため、Kさんに事情をご説明し、お母さまが生前通院していた病院に医療記録が残っているか確認をお願いしました。入手できたお母さまの血液検査結果のコピーは、生年月日や検査日などが不明な、不十分な内容のものでしたが、弁護士が、提出した以上の資料が残っていないことなどの経緯をまとめた調査報告書を追加で提出し、請求手続を行いました。

解決ポイント

弁護士が調査報告書を作成したことで、請求手続の後押しに!

最終的に支払われた金額

最終給付金額 3,7442,300

制度上、国から求められる資料の一部が不足していたため、個別判断となり時間はかかりましたが、肝がんを発症した方に支払われる給付金3,600万円に、訴訟手当金と検査費用を加えた3,744万2,300円が最終的に支払われました。

弁護士からのコメント

B型肝炎の給付金を請求するためには必要な資料をそろえる必要がありますが、個々の事情によって難しいケースがあります。弁護士にご依頼いただければ、そのようなケースでも、国に報告書を提出して掛け合うことなどで、無事、和解できる可能性があります。資料を用意できないからとあきらめずに、まずは当事務所までご相談ください。

※事例の内容はご相談当時の状況や条件等によります。

その他の解決事例

全国60拠点以上・弁護士220名以上
全国60拠点以上・弁護士220名以上

ご相談は安心の全国対応。B型肝炎の被害者救済を日本全国で。
お電話によるご相談だけでなく、お近くの本店・支店にお越しいただいてのご相談も可能です。

※2022年7月時点。拠点数および弁護士数は、弁護士法人アディーレ法律事務所と弁護士法人AdIre法律事務所の合計です。

納付金対象者かどうかチェックはこちらから納付金対象者かどうかチェックはこちらから
無料で読める!B型肝炎給付金がもっとわかる資料 資料について詳しく見る

▼ お気軽にお問い合わせください! ▼

通話無料 0120-881-920 受付時間 9:00~22:00 365日受付中

今すぐ電話で相談予約