B型肝炎の給付金請求・訴訟の弁護士ならアディーレ法律事務所にご相談ください

0120-881-920

お電話によるご相談、
お近くの本店・支店にお越しいただいてのご相談も可能です

B型肝炎の給付金を請求するなら弁護士法人 アディーレ法律事務所
0120-881-920 クリックで電話が繋がります。
メールでのお問い合わせ

B型肝炎給付金に関するQ&A

母子手帳がないのですが、給付金を請求することはできますか?

B型肝炎の給付金請求手続では、母子手帳(母子健康手帳)が、「満7歳になるまでに集団予防接種等を受けていること」を証明するための大切な資料となっています。しかし、集団予防接種等を受けたことは、母子手帳でなければ証明できないというものではありません。

母子手帳を提出できない場合は、市区町村に保存されている予防接種台帳の写しを提出します。もし、両方とも提出できない場合、その事情を説明した陳述書や、接種痕が確認できる旨の医師の意見書、住民票または戸籍の附票を提出して給付金を請求することになります。詳しくは弁護士にご相談ください。

給付金制度についてよくある質問

B型肝炎の給付金に関するご相談は何度でも無料!

  • 弁護士費用は安心の成功報酬制
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。国内最多の60拠点以上。
  • お電話によるご相談だけでなく、お近くの本店・支店にお越しいただいてのご相談も可能です。

CM放映中

新CM「身近がよろしいようで」シリーズ放映中

0120-881-920 朝9時~夜10時・土日祝日も受付中

ご相談は何度でも無料です。
Webやお電話でのご相談OK!
お気軽にお問い合わせください。

今すぐ電話で相談予約