B型肝炎給付金に関するQ&A

これからもずっとB型肝炎の治療を続けていかなければならないのですが、給付金とは別に、将来必要となる治療費はもらえますか?

感染被害者の皆さまの、将来的に肝炎を発症するかもしれない不安や、定期的な検査の受診など、身体的・精神的・経済的なご負担は察するに余りあります。そのため、集団予防接種等後または出生後20年が経過した無症候性キャリアの方には 、50万円の給付金に加え、和解後の定期検査費用等として、以下の1~4の費用が支給されます。

  1. 慢性肝炎などの発症を確認するための定期検査費(血液検査、画像検査)
  2. 母子感染を防止するための医療費(ワクチン投与費用や検査費用など)
  3. 同居家族に対する感染防止のための医療費(ワクチン投与費用や検査費用など)
  4. 定期検査手当

それぞれ、上限回数や金額などに決まりがありますので、詳細についてはお電話にてお問い合わせください。

集団予防接種等後または出生後20年が経過した無症候性キャリアの方以外については、大変遺憾ですが、現状では給付金のほかに医療費などの助成はありません。

しかしながら、平成20年以降、国および各都道府県は肝炎治療特別促進事業のもと、高額になりがちなB型肝炎の治療(インターフェロン治療・核酸アナログ製剤治療・インターフェロンフリー治療)にかかる医療費を助成しています。 この制度を利用すれば、患者の皆さまの自己負担限度額を月1万円(所得により最高2万円まで)に抑えることができます。詳細については、都道府県、お近くの保健所までお問い合わせください。

給付金制度について
よくある質問

納付金対象者かどうかチェックはこちらから納付金対象者かどうかチェックはこちらから
無料 B型肝炎給付金請求がよくわかる資料をご用意しています!

《無料》資料のダウンロードはこちらから

▼ お気軽にお問い合わせください! ▼

通話無料 0120-881-920 受付時間 9:00~22:00 365日受付中

今すぐ電話で相談予約