B型肝炎給付金に関するQ&A

集団予防接種等の注射器使い回しはいつまででしたか?またそれにより日本でどれくらいの方がB型肝炎ウイルスに持続感染するようになりましたか?

集団予防接種等の注射器(注射針や注射筒)使い回しが行われたのは、戦後の昭和23年から昭和63年までです。

結果として、B型肝炎ウイルスがまん延しました。感染被害者の方たちの救済のため、時限付きで設けられたのがB型肝炎の給付金制度です。

国内でのB型肝炎ウイルス(HBV)キャリアは150万人程度といわれており、そのうち集団予防接種等により感染被害を受けた方は40数万人(国の推計)といわれています。

B型肝炎についてよくある質問

肝臓専門医と肝炎にまつわる対談を実施

B型肝炎給付金受給の無料診断

【まずは無料診断】簡単診断でB型肝炎給付金の可能性をチェックしましょう

給付金対象者可能性のチェックはこちらから給付金対象者可能性のチェックはこちらから

B型肝炎給付金受給がもっとわかる資料

「B型肝炎訴訟をするにあたって、必要な情報がわからない…」 そんなお悩みを解決するために、B型肝炎訴訟について知っておきたいことをこの1冊に詰め込みました

無料で読める!B型肝炎給付金がもっとわかる資料 資料について詳しく見る

お電話やフォームでもご相談、
ご予約をお受けしております

通話無料 0120-881-920 受付時間 9:00~22:00 365日受付中