B型肝炎給付金に関するQ&A

B型肝炎ウイルスに感染していることが判明しました。どうしたらいいでしょうか?

まずは、病院などで詳細な検査を受けてください。

B型肝炎ウイルス(HBV)の感染形態には、一過性感染と持続感染があり、持続感染と診断され、その原因が集団予防接種等にあると認められた場合には、感染被害に対する給付金を受給できる可能性があります。

これに対して、一過性の感染の場合は、給付金の支給対象にはなりません。

B型肝炎についてよくある質問

納付金対象者かどうかチェックはこちらから納付金対象者かどうかチェックはこちらから
無料 B型肝炎給付金請求がよくわかる資料をご用意しています!

《無料》資料のダウンロードはこちらから

▼ お気軽にお問い合わせください! ▼

通話無料 0120-881-920 受付時間 9:00~22:00 365日受付中

今すぐ電話で相談予約